読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

   見つけたら即買いのロールちゃん。秋のマロン。



   しまじろうのおもちゃに足をつっこむユラっち。
「とれない!とれない!」と大騒ぎして抜けるも、また入れているおバカちん。



   シオ丸嬢は未だにコリラックマのしっぽが超スキ。



   ちょっぴり髪が伸びタノ。



   チビラが寝てる間にちょっとずつ作成してたバッグが出来!!!
バテンレースのお花をアップリケしてみました。裁縫たのちー!!!


幼稚園が始まってからというもの、連日2回お着替えのシオ丸さん。
まだまだ暑いので、午前と午後と2回、たらいのお水で遊んでいるらしい。
先生が恐縮していたが、楽しく遊んでいるのならオッケーでござるよ。
この間も、合唱の練習中に窓から見ていたら、
シオ丸が、まさに泥んこ沼に足を踏み入れる瞬間を目撃してしまった。
あああ、入る、入る・・・ああ・・・やっぱり入ったか・・・という・・・。
しばらくぐちゃぐちゃ遊んで、満足した頃に、先生が回収しにきていた。
こういう汚れは、時間があれば、園で一度洗っておいてくれるので助かる。
うちから持って行ってる着替えが間に合わずに、
幼稚園から借りてくることも多いのだが、結構ブランド品が多いのでビックリ。
たぶん、みなさんからの献品。
あんまり可愛くて、このまま欲しいな・・・と思うものもアリ。
いやいや、モチロン、ちゃんと洗って返却してますよ!


ユウキくんが、ユラっちのことを、『妖怪くそもらし』と命名しました・・・。
可愛い顔をしていますが、世にも恐ろしい妖怪です。ふふふ。


今朝、ユラっちが『おなかすいたー!おなかすいたー!』と叫んでいた。
でたらめを言ってることが多いんだけど、時々、言動が素晴らしく一致している
ことがあると、『おおおおっ!!!』と新鮮な感動を覚えます。


そんなユラっちは、昨夜の食卓で、マグのストローに、
千切りのにんじんをつめつめしたのちに、お茶ごと吸って飲む、
という遊び?に熱中していました。
食べ物で遊んじゃいけませーん!と叱るところなのだが、
あまりの器用さと熱中ぶりに、魅入ってしまったことだったよ。