読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初めてのバザーが終わったよー!(安堵)
怒涛の一週間だった・・・・・・。
前日は、子供たちが園外保育と称して遠足に行っている間に、
幼稚園内をバザー一色に飾りつけ。
午後3時に子供たちが帰ってくるも、結局終わらず。
翌日朝8時半から、11時のバザー開始まで
恐ろしいスピードで準備したのだった・・・。


まずはバザー前日。
この日はバスがないので、園までシオ丸を自転車に乗せて行った。
いつもとは違う雰囲気に、園内を偵察にウロウロするシオ丸を
なんとか確保して、おトイレに行かせたり、集合時間まで園庭で遊ばせたり。
今までは登れても降りられなかった遊具でも、上手に遊んでいた。
同じクラスの女の子のお友達が来て、
「シオちゃんだぁ♪かわいい♪かわいい♪赤ちゃんみたい。」
と言って、抱っこしたりほっぺを触ったり、階段から降りようとするシオ丸を
抱っこしようといろいろお世話したがっていたのだが、
なんと!シオ丸は、結構迷惑そうにしているではないですか。
そうえいば、前に読んだ本に、ダウン症の子はできないことは多いけど、
言われてることはわかってるし、プライドは高い・・・と書いてあったのだが、
そうか、シオ丸にもそういう時期がきたんだね・・・と思った。
お友達のママに、
「うちの子が『シオちゃん可愛い!』って毎日言うんですよー。」
「あ、うちの子も言ってる〜!」
って、本当〜〜〜に、いろんな人からすごい言われるんだけど、
それはすごく有難くて嬉しいことなんだけど、
そうか〜、シオ丸自身は、例えば先生とか年長さんとか、
自分より明らかに年上の人から可愛がられるのは大好きだけど、
自分と同等くらいの子に、赤ちゃん扱いされるのはイヤなんだ・・・。
ということが、わかったので、早速先生に伝えたら、
先生も、すっごく大きく頷いて、「うんうん!そういう感じしてました!」
「今後、注意してみてみます。」とおっしゃってくれたので、すごく良かった。
で、遠足のバスが来るまでみんなで並んで待っている間も
シオ丸は甘えてずーーーっとワタシに抱っこ。
先生が抱っこしてくれてもまだこっちに来たがっていたのだが、
バスが来て、みんながママにバイバイしだしたら、あきらめたのか、
シオ丸も手を振って出かけていった。


子供たちが出かけたので、一挙にバザーの準備。
今日は飾りつけと値段付けだけ・・・と思っていたら、
山ほどお菓子が搬入されて、まだまだラッピングしきれないものも
たっくさんあって、ラッピング班はお昼も食べられなかったらしい。
結局、子供たちが帰ってきても終わらず、当日朝に持ち越し。
ワタシはPOPや値札の担当だったのだが、
当日まで、お菓子の名前、数、値段が確定しないものがあったり、
そもそも初めてのバザーで、一体何をどうしたらいいのかもわからず、
先輩ママにすっかりお世話になってしまった。
しかし、毎年やってることでも、毎年メンバーが違うので、
毎年みんなが「初めて」だったりするので、始まってみないとわからない
ってことがたくさんあるのだった。


子供たちは・・・無事に園に戻ってきた。
む@しの村に行って、たくさん遊んできたらしい。
おイモ掘りしたり、乗り物に乗ったり、小動物と触れ合ったり、
盛りだくさんだったようだ。
行く前は、先生が、「今日はたくさん歩くのだけど、疲れちゃうと思うので、
後半は私が抱っこする覚悟で来ました!」と言ってくれていたのだが、
シオ丸は、先生が思っていたよりもずいぶんたくさん歩いたのだそうだ。
お着替えも持たせたけど、朝着た服で帰ってきた。
帰ってきてすぐに寝るかと思ったら、興奮したのか、お昼寝せず、
ワタシとお風呂に入って、夕飯食べて、ユウキくんが帰ってきて、
ユウキくんともう一回お風呂に入ってから、10時にやっと寝た。
ワタシは、ケーキとパンを焼いてラッピング。
なんとか準備はできた・・・。


そして、当日。
朝6時に起きて、まずは自分の仕度〜と思ったら、シオ丸も起床。
えーっ、寝なさすぎじゃない???
シオ丸とユウキくんに託して、8時半から園で準備。
開園11時までに、なんとかなった!すごい!
ワタシはカフェ担当になった。
(ロールケーキやミルクレープ、ゼリーが盛りだくさん!)
オタオタしつつも、お友達に助けられで無事終了!
休憩時間には、他のコーナーを見学。
食堂、蔵出し、手作り品、子供たちが遊ぶ工作のコーナーや縁日などなど。
他の園のバザーを見たことがないからわからないのだが、
これだけやる園は、そうそうないのでは?!
一番の心配事、自分が作ったお菓子は・・・・・・
というと、全部売れていた!!!よ、よ、よかった〜〜〜〜〜!!!
買ってくださった皆様、ありがとぅーーーー!!!
今年は、小学校の学校公開日と重なったり、インフル旋風で
例年に比べてお客さんの数が少なかったとのこと。
今年で5年目というコーナー長さんが、初めてお菓子が売れ残った、
と言っていたくらいだった。
でも、かなりの額を売上げ、これで園の設備が充実する〜♪と感謝。
ただ寄付金を集めるよりも、お祭で収益をあげるほうが楽しい。
途中は、こんな大変なこと、来年もできるだろうか・・・と不安になったけど、
お菓子コーナーは、みんな仲良くて楽しいので、来年もまたお菓子に来るわ!
何より、皆さんのアイデアとか技、素晴らしすぎてとても勉強になった。
今年は今年で、自分なりに「やりきった感」はあるのだけど、
ここをこうすればよかった・・・と思うこともたくさんあったので、
来年はもっと効率よくできるんじゃないかと思う。


午後2時にバザーは終了、片付けに結局5時近くまでかかった。
来年は、ユウキくんとシオ丸、ユラっちも来れたらいいな。
うちの二人はまだまだこういう場所で遊べない感じだからな〜。
来年は・・・どうでしょうかね?
さてさて、うちに帰ると、ユラっちもシオ丸も爆睡中。
あーちゃんが手伝ってくれて、まずは二人をお風呂へ。
っていうか、一日中働いて、うちに帰ったらまたチビラのお世話って、
フルで働いている主婦の人・・・心の底から尊敬します・・・!
3日ぶりのユラっちは、しばらく目を合わせてくれなかった(涙)。
まぁ、すぐに慣れたけど。
ユラっちを預かってくれて、一日中二人をみててくれたあーちゃんに感謝。
そんなこんなで、またいつもの日常に戻ったのだった。



   前日に作ったケーキ。



   飾ってたお花をいただいた。



   バザーで買ったお菓子あれこれ。



     キャンディレイをつけられた二人。



   シオ丸が掘ってきたお芋。



   タブトラッグスを被って「オバケ〜」と言うユラっち。