読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

で、昨日、お友達に聞いた歯医者さんに行ってみたんダス。
ああ・・・一体あといくらかかるんだろう?そしていつまで?
と、ビクビクしながら受診したら、
「虫歯なんで次回削ります。」と言われていた箇所は、
「欠けてるところに汚れがついてるだけだから、磨いて埋めておしまい。」
ですって!!!!!( ̄□ ̄;)!!
他にも「虫歯」と言われていたところは「汚れ」として磨いて終了。
「見たところ、他には虫歯はないです。」
というわけで、一回で終了。
よかった・・・んだけど、なんとなくモヤモヤ。
先生によって治療方針って違うんだろうけど、
今まで、削るまでもない初期虫歯も削られていたんだろうな〜。
もっと早くこの先生に出会ってたらよかったのに〜。
ユラっちは、もうこっちで歯科検診させよう。


ハルノヒビの「ぞっとする話」。
(虫のダメな人は読まないでね。)


今日・・・シオ丸とユラっちとお庭遊びしてたら、
ユラっちが、「これなんだろうかなっ?」と言いながら、
小枝のようなものを持ってきた。
両手に一つずつ。長いのと短いのと。
「ん?それは木の・・・。」と言いかけて、はっ!とした。
それは・・・ミ・ミ・ズさん!!!( ̄□ ̄;)!!
しかも、半分ミイラで二つにちぎられてますよね、ユラっちがやったのか?
一瞬のうちに、ワタシの頭の中で、
お、落ち着け!自分!ここで騒いだら災害が広がる恐れが・・・!
ここは慎重に速やかに処理すべし!と声がした。
そこで、思いっきり普通に静かに、「ユラくん、それここに置いてね。」
と言って、ミミズを下に置かせで、「こっちに来てごらん。」と言って、
ホースのところまで来させて、「おててだしてごらん。」と言って、
シャワーで手をゴッシゴシと洗いながら、
「あれはミミズさんっていう虫なんだよ。引っ張っちゃダメだよ。」と教え、
ユラっちが他のことに気をとられてる間に、スコップで埋葬しました。
こ、こ、こ、こ、怖かったのヨーーーーーッ!!!(≧Д≦ノ)ノ
男の子って、男の子って〜〜〜!
いや、しかし、将来、五木さんと戦ってもらうためには、
今、ぐぐっと我慢しなければ・・・・・・。
しかし・・・怖かったのヨー(涙)。