読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3泊4日カテーテルの旅から無事に帰還しました。
結果としては、シオ丸の大動脈弁を、バルーンで少しだけ広げて、
心室と心房の圧力差を10程度下げた。
コドモ病院の循環器にもかかりつつ、また半年後にS病院も受診。
2つの病院の連携で、経過を観察しつつ成長を待つことに。


前回S病院に入院した時は、生後1ヶ月で、ほとんどNICUに居て、
一般病棟に移ると同時にコドモ病院に転院だったので、
S病院での完全付き添い入院は、今回が初体験!
コドモ病院といろいろ勝手が違うのが面白かった。
病棟内に入れるのは両親のみ、というところは同じなのだが、
母親も一緒ということで、飲食が自由で、一緒に食事できた。
なにより、病棟内がキレイなのが感激だった。
トイレも清潔だったし、おもちゃも、看護士さんや保育士さんが、
交替で除菌シートでピカピカにしていた。
DVDは最新のが揃ってて観放題、おもちゃはちゃんと電池が入ってる。
これは・・・案外、当たり前のことではないですよね???
シャワー室もキレイだったし、子供が自由に遊べるスペースが広くて、
お絵描きも工作もし放題だった。
これが、県立と私立の差なのか〜・・・。
ひとつだけBADなことがあって、付き添い用のベッドが、
ソファベッドで、幅がまんまソファの幅だったので、寝返りもままならず、
というかそもそも小児病棟なので、赤ちゃんや子供の泣き声がすると、
本能でどんな小さい声でもビクッと飛び起きてしまうこと。
3晩ろくに眠れず、それが一番辛かった。


当のシオ丸は、食欲も旺盛、夜は7時過ぎに寝て朝は6時前に起きて、
素晴らしく健康的な生活を送っていた。
腕に点滴の針が包帯で巻かれていたのは、前日夕方からカテ後の午前中まで。
ベッド上で安静だったのは、カテ後の一晩だけ。
カテは午後イチで、午前中にユウキくんがガンガン遊んでくれたおかげで、
お昼前からお昼寝が始まって、そのままカテに突入、ぼんやり夕飯を食べ、
そのまま就寝だったので、前回ほどキツくなかったのでは。
コドモ病院では、ベッドに拘束状態が2日間続いたから。
今回は、カテした脚だけ真っ直ぐに固定して、
それ以外は寝返り打っても大丈夫だったし、それも翌朝外れて、
シャワーも翌日からOK、退院後の自宅療養もなしで、
すぐにでも幼稚園に行って大丈夫とのこと。
今日は・・・もうさすがにワタシが疲れ果てたので、お休み。
来週から通常通りに登園させることにした。
いや、もう眠れないのと、元気すぎるシオ丸の相手で疲れました。
結局、毎日ユウキくんが来てくれたので、昼間は良かったんだけど、
シオ丸は、もうず〜〜〜〜っと走り回ってたので、
他の患者さんに迷惑が・・・とか気疲れしました。
何はともあれ、完治ではないけど、しばらくは時間稼ぎができてヨカッタ。
息苦しくなるとか、顔色が悪くなるとか、そういう症状が出る前に
先手先手でなんとかしていきましょうということなので、
今後もなんとかなるだろう。
なにせ、シオ丸の生命力の強さといったらハンパないので。


明日はユラっちが、あーちゃん宅から帰宅します。
また、モンスターユラっちょとの生活が・・・・・・!( ̄□ ̄;)!!
しかし、毎晩ユラっちの夢を見てしまうほどには、
ユラっちのことを愛しているようなので、早く会いたいという気持ちも
あることにはあるんだけどね・・・ふふふふふ・・・。
またパワーアップしてすぎょいことになってそうでコワイよ・・・。


まぁ、そんなこんなで各方面の多大なる援助を受けて今回も
無事に入院生活を終える事が出来ました。
皆さん、ありがとう〜!&お疲れ様でした!!!!!