読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユラっちのいたずら攻撃が激しすぎて毎日ヘトヘトです。
しかも、ユラっちだけじゃないんだな、シオ丸もいるんだな。
×2=∞なんだな。
あまりにも大変なので、何かにすがってみようとこんな本を購入&熟読。

お母さん次第で男の子はぐんぐん伸びる! (マミーズブック)

お母さん次第で男の子はぐんぐん伸びる! (マミーズブック)

うん、ユラっちのことが書いてあるよ。
そしてこれはユウキくんのことでもあるし、サッチーのことでもあるよ。
で、解決はしません。ええ、さっぱりとも。
バカで手の施しようが無いのはあきらめていれば
そのうちいつか何とかなるらしいです。
いつか何とかなった人が身近に2人(ユウキ&サッチー)いますが、
ユラっちが何とかなる、その頃ワタシはオバアサン(涙)。
切ねぇ〜〜〜〜!
まぁ、育て方が間違ってない(多分)だろうことだけは確認できたので、
ちょっとは気休めになりました。


例えば、お風呂でのユラっち。
まず、お風呂内で(もしくはバスタブ内で・・・!)オシッコ。
洗剤のボトルを全プッシュ。
蛇口の温度調節とシャワー切り替えをグルグル。
給湯スイッチのいろんなボタンを全プッシュ。
シオ丸の頭からお湯をかけて泣かせる。
自分も桶にお湯をくんで、頭からかぶる。何度も。
バスタブのお湯を口に入れて、ビューと出す。
シオ丸の顔にビューと吹きかける。
桶でバスタブのお湯を外に出す。延々と。
バスタブの排水ボタンを押す。
とかを、何度注意されても延々と・・・・・・。


最近は、お外に出入りが自由になって、
自分で靴履いて、ダブルロックの鍵を開け、(チェーンはまだ開けられないが。)
外に出て、外蛇口の蓋を開けて、蛇口をひねって、
ジョウロとかジェット噴射とか5段階調節できるホースを自在に操り、
庭に水を撒きまくる。
一緒に出たシオ丸に水をかけたり、あわやお隣の車や壁にジェット噴射しそうに
なってるところを取り押さえたことも何度か。
まぁ、こういったことが、シチュエーションと場所を変えつつ、
起きた瞬間から寝るまで繰り返されるのだった。
あふれ出る好奇心を押さえられないユラっちなのだった。
もちろん、楽しく遊んでる時もたくさんあって、
それは交互にやってくるのだが。


ジブンデ攻撃も激しく、着替えだの遊びだの、
うまく出来ないと、「でーきーなーかったぁぁぁぁぁ!」と叫び、大暴れ。
怒られても怒られてもケロリとしてるし、泣き真似してもニターッと笑ってる。
男子の子育てって、本当に、ワタシの限界を超えている・・・。
シオ丸がシオ丸で、ユラっちがユラっちなので、
いやせめて、どっちか一人にしてくれないかな?って思うんだけど、
どっちか一人でいいから、まともになってくれないかしら。
朝から晩まで、ワタシの怒号が近隣に響き渡っているハズ。
怒鳴りたくないんだけど、大声で言わないと聞いて貰えてない気がする。
心穏やかに過ごしたい・・・・・・はぁ・・・・・・。


シオ丸はシオ丸で元気イッパイ。
コドモ病院の循環器と歯科を受診したけど、
(どっちも診察結果は良好でしたの。)
両日とも、放浪が酷くてホトホト疲れた。
ウロウロしたかと思えば、突然座り込み、また立ち上がり、
叫びながら、両手を上にあげて、ジグザグに走っていく・・・。
キテレツぶり炸裂で、しかし、もうシオ丸はいつもこうなので、
人目を気にすることはずいぶん昔にやめました。
いいの、もう、誰にどう思われようと・・・。
おしゃべりは、いろいろ喋ってる、喋ってるけど、
明らかに『う@ちーでたー!びちゃびちゃねー!』とかいうのを
出てる時も出てない時も外で叫ぶのはどうかと。
(そんな台詞に限って、ちゃんとそう聞こえる発音。)
そんな時はさすがに人目が気になる母なのであった。
で、循環器は数値良好で、歯科は虫歯なし。
実は1ヶ月くらい前から、右下の糸切り歯に紐がはさまって、
(いつものごとく、口に入れて噛んでたっぽい。)
どうにも取れなかったのだが、先生も苦労して、
10分くらいは格闘しただろうか、鈎針みたいなのやら、
超音波やら使って、キレイサッパリ取れてよかった。


くるりの「ばらの花」とアジカンの「君という花」と
フジファブリックの「若者のすべて」を、時間さえできれば繰り返し繰り返し
ずーーーっと聴いていたら、(ワタシの中の3大前髪長いヨ男子)
何故だかとっても奥田民生が聴きたくなったんだった。
息子を持って息子を聴くとまた違いますね、ええ。


夏ドラが終わっちゃったよー!
ホタルもジョーカーも熱海も想像通りの結末に満足です。
ゲゲゲも来週で終わりか〜。次回の朝ドラはたぶん観ない。
向井理がステキすぎて、ついに夢の中に登場。
ヤバイ、ヤバイよ、自分。(ついに現実逃避が・・・。)
モテキもあと少し、つーか、そうかそう来たか!という展開に毎回ドはまり。
で、結局ダントツに大笑いして面白かったのは、うぬぼれでした。
ラストのうぬぼれ5のダンスシーンにしびれました。
毎回大ウケだったけど、一番ツボだったのはキョンキョンの回。
なにからなにまでツボすぎた。
しかし、こんな中島美嘉が観られるのはクドカンのドラマだけ。
そして、斗真くんがもうサダメにしか見えない・・・どうしてくれるんだ!