読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

来年度入園者の保護者会とユラっちの体験保育。
保護者は、プレイルームで園長先生のお話と持ち物の説明。
ここのキリスト教を根底にした自由保育。
入ってみる前は漠然としていたけど、今は、本当に入園させてよかったと思う。
ここでは、「指導」っていうのはしません。
子供たちが自分で気づいて成長していく「手助け」をします。
先生の笛が鳴って、整列して静かにさせるのではなく、
自分から、先生が話しをするから静かに聞こう、と行動できる、
そういう子供に成長するための手助け。
皆で同じ制服を着て同じカバンを持つこちはしません。
「みんなちがってみんないい」を実践しています。
(もちろんその中でルールはあるけれど。例えば、ボタンの位置とか紐とか。
子供たちの成長に合わせて、生活に必要な動作ができるように。)
いつも、子供や弱い者が、家庭の社会の中心であるように。
本当〜に、自分がここに入りたかった〜。
制服とか大嫌いだったし、小さい前ならえとか、ナニソレ?って思ったし。
シオ丸もユラっちも、のびのび育って欲しい。


その間、子供たちは10人くらいずつクラスに分かれて、
先生2人に見守られて、自由遊びとおやつと絵本の読み聞かせなど。
ママから離れられない子も結構いて、一緒に保護者会の方にいたり、
途中、泣きながら入ってくる子もいたりしたので、
いつユラっちが「まま〜」と言ってくるか、ハラハラしたのだが、
ユラっちがやってくることはなく、教室に迎えに行くと、
ちょうど先生が絵本を読んでいて、ちゃんと椅子に座って聞いていた。
ワタシが来た事に気がつくと、満面の笑みで『まま〜。』とやってきた。
『先生が絵本読んでくれてるよ。』と言うと戻ったが、
ニヤニヤしながら、こちらをチラチラ。
わかばで一緒のお友達もいたし、勝手知ったる・・・という感じで
楽しんでいたようだ。
『どうだった?』って聞いたら、
『りんごのじゅーす、たべたの。』『Sちゃん、かわいかった。』
という感想。
おやつはともかく、もう女子の話ってどうなの???( ̄□ ̄;)!!