読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バザーに続く、今学期の山場!
クリスマスチキンの講習会。


朝起きたら豪雨と雷・・・!
それでも、だんだん収まってきたので、8時半にシオ丸を園バスに乗せ、
すぐにユラっちを車に乗せて、ユウキ実家へGO!
前々から、ユラっちに、『3日におじいちゃんちで、ユラのハッピバースデー
やるんだよ。あっこサンタさんがパーシーくれるかも・・・。』と
言いくるめておいたので、グズることなくお留守番。
そのまま、大学の施設へ。


参加者は約20名。(4班に分かれた。)
名ばかりの班長だったので、
先輩ママに聞いたりしながら、なんとかチキンをオーブンへ。
うまく焼けるかどうか、かなり心配だったのだけど、
美味しく上手に焼けました。
皆で試食して、片付けて終了。
シオ丸は延長保育に申し込んでおいたので、その後も30分くらい
ゆっくりできた。


園長先生ご夫妻も、試食に参加してくれて、
奥様の、「子供たちが小さい頃に作った料理を、大人になってからも
覚えていてくれるのが、「お母さん」の喜び。」
という話に一同じーんとしたり。
また、クラスや学年を越えて、いろんなママたちと知り合いになれるのも、
保護者サークルのすごく楽しいところ。
そこで、同じ学区に住んでることが判明したりして、
小学校の情報を聞けるのも心強い。
その場に来るだけでも、いろいろ根回しが必要で、本当に大変は大変
なんだけど、得るものがすごく大きい。
疲れも爽快だし。


3時にユウキ実家に着いたら、ユラっちは楽しく遊んでいた。
案の定、あっこちゃんにパーシー(トーマスの友達のプラレール。)を
プレゼントしてもらったので、夢中で遊んでいた。
ワタシが着くと、すぐに『ままー!』と飛びついてきてベッタリ。
こういうところが可愛いところ。
3時半に帰ると言ったら、ユウキ母が慌てて、ケーキを出してくれて、
一日早い、ユラっちのハッピーバースデー。
お土産もいろいろいただいて、シオ丸を迎えに幼稚園へ。
ユラっちは乗ったらすぐにグッスリ。
シオ丸も、満面の笑みでやってきて、すごく楽しかった様子。
今日の延長保育のクラスは、男女半々の10人くらいで、
いろんなところにちょっとずつ入れて貰って、いろんな遊びをしたらしい。
それぞれが充実した一日だったみたい。


帰宅してから、シオ丸に、『ケーキ食べる?』って聞いたら、
『べべるー!』というので、ケーキをあげた。
いつも、帰宅してからシオ丸に手洗いをさせるのが一苦労なのだが、
最近、機嫌がいい時は、自分で洗面所に行って、
泡のソープをプッシュして手をこすり、水を出して洗って止めて、
タオルで手を拭く、という一連の動作ができるようになった。
っていうか、今まで全くできなかったので、やってるのを見たときは
本当〜〜〜にびっくりした。
つーか、できるんじゃん・・・・・・( ̄□ ̄;)!! って感じ。
おトイレも、調子がいいときは、自分で、子供便座を乗せて、
脱がせるのはちょっと手伝うけど、自分で座って、ペーパーを
手渡すと自分で拭いて、降りて、便座とステップをどけて、
レバーを引いて流して、便座の蓋を閉める・・・というところまでできる
ということが判明したのだった。
どっちにしても、自発的にやるのは、20回に1回くらいで、
あとは、両脇を抱えられて引きずられてやっと・・・というパターンなのである。
できると知ってしまった今は、できるのに何故〜?という新たな悩みが
発生したのであった・・・。