読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日から幼稚園始まり。
なのだけど、大学との兼ね合い?(何が何だか謎だが。)で、
明日は休みで、明後日の入園式の年長さん参加もなしで、
来週半ばまで午前中保育。
なんだかな〜。
シオ丸は、久しぶりの幼稚園が楽しかったらしく、
いつもは、さっさと帰りたがるのに、30分くらい園庭で遊んだ。
それでもなかなか帰りたがらずに困った。
(うちで、ユウキくんとユラっちが待っていたので。)


シオ丸、またまた今年も新しい先生。
去年の先生は辞めてしまい、他にも退職された先生がいたので、
今年度は新しい先生が、補助の先生を含めて3人も!
2年間お世話になった補助の先生、今年は年中さんにいってしまった(涙)。
お友達ママたちに、「シオちゃん、もう大丈夫とみなされたね・・・。」
と言われたのだが、本当にそうだったらいいんだけど、
うちでは、何にも出来ない感じなんだけど・・・・・・。
ちょっと心配だな〜。
ユラっちは、明後日までわからないんだけど、
年少さんの先生です、と紹介された3人の先生は、
どの先生もいい感じなので、誰に当たっても楽しいだろうな。


今度のシオ丸の先生は、すっごいニコニコ笑顔で、おっとりと優しく、
歌のおねいさんキターーーーッ!というのが第一印象。
帰りの会で、早速絵本を皆に読んでいたが、今まで見たどの先生よりも、
情感たっぷりの読み語りで、面白かった。
(シオ丸は、ほっとんど聞いてなくてウロチョロしていたけど。)
ただ、担任の先生は忙しくて、シオ丸だけに構ってられないだろうし、
今度の補助の先生は男の先生なので、
他の先生が、おトイレとか気づいてくれるだろうか・・・?とか、
今までは、補助の先生が、かなりフォローして一緒に遊んでくれたけど、
男の先生は今年一人で、男子に引っ張りだこなので、
シオ丸一人の相手は出来ないだろう・・・お友達といっても、
シオ丸が押したり叩いたり、人のおもちゃや作ったものを壊したり、
いきなり抱きついたりする系なので、
お世話してくれるような子もいないし、子供たちの間でも、
サラっとスルーされてる・・・シオちゃんだから仕方ないか〜みたいな、
(お友達はみんな優しい子ばかり、なんだけど、「同格」ではないんだよね、
「赤ちゃん扱い」というか・・・仕方ないんだけど。
シオ丸に何かされても誰も怒らない。それもなんかスゴイよな。)
そんな感じなので、ますます一人ぼっちに?とか心配。
ユウキくんは、ユラっちがいるじゃん!って言うんだけど、
ユラっちにはユラっちの幼稚園生活を送ってほしいし、
シオ丸の面倒を見られるほど、お兄さんでもないからな〜。
でも、小学校に行ったら、支援級でも、自分のことは自分でやらなくちゃ
ならないだろうし、その練習としての一年と思って見守る・・・。
まぁ、でも、今年度は、合唱と保護者サークルと入会するし、
保護者サークルの方では、お手伝いもあるので、
幼稚園に行く機会も多いし、ひっそり見守っていこう。


シオ丸の言ってる言葉、9割方意味不明。
最初は、意味のあることを喋っていても、興奮するのか、
だんだん支離滅裂になってきて、大丈夫か?という状態に・・・。
『とろとろびたい〜。(トトロが観たい。)・・・・・・
ないないばぁないないばぁ!おちーりおちーり!ぽんぽんー!』
みたいな・・・・・・。
昨日、夕食の時に、『げこっげこっ。』と言い出したので、
『かえるだね?』と言ったら、『びぼびぼー!しぇかかーい!』
(ピンポンピンポン!正〜解!)と!その後、
『ぱおー!ぱおー!』『ゾウさんだね?』
『びぼびぼー!しぇかかーい!』
『もーぅ!もーぅ!』『牛だね?』『びぼびぼー!しぇかかーい!』
と、3回まで続き、その後は何を答えても、『ぶぶーっ!』と返された。
シオ丸と意思疎通とか会話が出来ることって稀なので、
おおおおおお〜!!!とビックリしたのであった。