読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラマを観てない・・・と気づいて、
私が私のために選ぶ、私の好きそうなドラマ〜!と、
録画してみたのが「荒川アンダーザブリッジ」と「勇者ヨシヒコ〜」。
「勇者〜」はまだ観てませんが、「荒川〜」は、どストライクでした!
この、どう考えてもふざけてるのに、
観終わった後で心がほっこりしてしまう感じ・・・。
好きです・・・。
もうどこからつっこんでいいやら、という状態もたまりません。
お気に入りのキャラはシスター。


チビラたちの夏期保育は、かなり楽しかった模様。
ゆっちに、『誰に会いたい?』って聞いたら、
出てくるのは女子の名前ばかり・・・┐('〜`;)┌
保育中も先生にべったり甘えていたらしい。
しーちゃんの方は、夏休みを入れても園生活に支障なく、
朝のお支度もおトイレも順調だったらしい。
2学期から、新しい補助の先生が入ってくれるとのことで安心。
1学期は、いろんな先生が非常勤で入れ替わり対応してくれてたので。


夕涼み会の日は、昼過ぎから雨で、これは中止では・・・?
と心配していたのに中止メールが来ないので、
とりあえず行ってみる?とみんなで浴衣を着て出かけていったら、
室内縁日になっていて、在園児も卒園児もたくさん集まっていた。
綿アメ、スライム作り、ジャンプする動物のおもちゃ作り、
お菓子の魚釣り、カキ氷・・・と楽しんで、しーちゃんが疲れてきたので、
帰ろうかと思ったら、ゆっちが『まだ帰りたくない!』と言うので、
パパとゆっちはまだ遊び、私はしーちゃんと一足先に帰宅。
雨には降られましたが、何とか今年の夕涼み会も無事にクリア。
とにかく・・・お祭り自体はすごく楽しいんだけど、
しーちゃんが、も〜人ごみの中でウロチョロするもんで、
いなくならないように追いかけたり、じっとしていさせるのに一苦労。
ゆっちもチョロすけなので、パピィと二人でもかなり大変でした。
ゆっちは、相変わらず女子ばかりを目ざとく見つけては挨拶し、
恐ろしいほどデレデレしていた・・・。
そして、後からのパパ情報によると、
女子の肘を触ろうとして嫌がられていたらしい・・・( ̄ー ̄;
うちでも、私の肘を常に(マジで常に!)触ってるのだが、
やっぱり園でもやってたか・・・( ̄▽ ̄;)
パパと二人で、『お友達の肘は!』『触っちゃダメ!!!!』
と、とっくりと言い聞かせました・・・。


後はまた、北本こども公園に。
ゆっちは、初めて会った5歳の女の子に遊んでもらったり、
しーちゃんは、水遊びを思いっきり楽しんだり、
ここの公園は、すごく良く出来た造りになっていて、
子供の様子が見渡せるし、木陰も上手に作ってあって、
うちみたいに大変な子供でも、安心して遊ばせられるのが
本当〜〜〜〜に助かる。
これからも、たびたびお世話になりそう。


しーちゃんがデイサで、パパが休みの時は、ゆっちとパパで、
電車でお出かけしたりもしています。
(私はその間、ステラに行くことが多いです。パピ感謝!)
この夏は、東京タワー、科学みらい館、科学技術館に連れて行って貰った。
まだ3歳だから、よくわからないかもしれないけど、
3歳なりに、いろいろ楽しかったようだ。
科学技術館に行ってきた夜に、お風呂で、
『自転車とバイクと車と(シミュレーションできたらしい。)
どれが面白かった?』って聞いたら、
『バイク!』と言うので、『じゃぁ、大きくなったらバイクに乗る?』
と聞いたら、『バイクは落っこちるから・・・。車なら、
シートベルトすれば落ちないから、車にするよ!』って言われました。
3歳スゲェw( ̄△ ̄;)w


しーちゃんは、最近、ちょっと歌が上手になってきて、
『あ!あ!あんぱんまーん!しーぃみーは〜!いっけ!うーめ、
まーおるたっめ〜!』と歌います・・・大声で・・・・・・。
おかいつのいろんな歌も、とにかく朝から晩まで歌っています。
我が家がアパートだったら、苦情で引越し必至だったかと。
しーちゃんは大うるさくて、ゆっちは小うるさい。
しーちゃんは、意味不明の大声で喚き散らし、
ゆっちは『肘肘肘肘!おなかすいたー!おなかすいたー!抱っこして〜!』
とうるさい。
食事中も、ちょっと食べると『ん!』と言って手を出してきて、
手をつなげ!と要求してくる。
私もごはんが食べたいので、『ママもごはん食べたいからつながない。』
と拒否したら、『だってっ!大好きなんだからお手手つながないと
いけないんだよっ!』と力説されたので、
『あ・・・、はい。』とつないであげました。
この人にはかなわない・・・orz



あとゆっちに、『驚かせてほしい。』と言われて、階段の影で待っていたのに
なかなか来ないので、リビングを除いたらのんびりソファに寝転んでくつろいでいた。
そーーーっと近づいて、『うわぁぁっ!!!』と脅かしたら、ビクッと飛び上がって、
わぁわぁ泣きながら、むちゃくちゃに叩いてきた。
『やりすぎました。ごめんなさい。』と謝りました。
あんなに驚くとは思わなかった・・・。
でも、相変わらず乱暴ものでわからずやなので、今日は『悪い子のところには鬼が来る。』
と言ったら(ママテンでごっちゃんがビビッてたのと同じですね。)
本当〜〜〜に、ごっちゃんとまるで同じ感じになったので驚きました。
まぁとにかく、ゆっちはバカ男子街道をまっしぐらに突っ走っていますよ、ええ。