読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はダーリンとカレーランチを食べに行った。
すごく近所に、こんな美味しいお店があるなんて知らなかった〜。
食べきれないほど大きなナンがついてて、カレーも具沢山。
ごちそうさまでした。


この間、スチームクリーナーをいただいたので、
時々カーペットをしゅわしゅわ掃除している。
掃除し終わって、しばらく経つと、肌触りがさらさら〜になってて
すごく気持ちがいい。


ゆっちとの会話。
このぷにっぷにのお尻の中には何が入ってる?
『うんちとおしっこ!』
出た!おばか男子発言!
じゃあ、この頭の中は?
『脳が動いている・・・。』
こわっ!そんなこと誰に教わったの?
『まま。』
いやいや、教えてないから!
じゃあ、このお手手の中は?
『あんこがはいってる・・・。つぶあんとこしあんがある。』
わぁ、美味しそう!って、アンパンマンか!


アンパンマンと言えば、しーちゃんが長い言葉を言うようになって、
『あらち、あんぱんまんびったい!』と。
アンパンマン?!やっぱ主演は大野君か・・・。
餡包男の哀愁を背中で演じて欲しい・・・。
っていやいや、「あたし、アンパンマン観たい!」と言っています。
「あたし、アンパンマン観たいの?」と聞き返すと『うん!』と。
一度言って通じると、も〜これがしつこいくらい繰り返すのがコドモです。
もう夜だから観ないよ〜と言っても聞きません。
しかし、しーちゃんが言葉で要求を伝えることはスゴイことなのだ。
ここは、「ちゃんと言えば聞いてもらえる」ことを学習させるためにも
聞いてあげるべきなのでは・・・と、アンパンマンの録画してあるやつを
観せてあげました。→しーさん大喜び。
これを機に、他にも言葉が増えてくれたらいいんだけど・・・。


昨日、幼稚園に居たら、副園長先生に呼び止められて、
何事か?!とビビっていたら、しーちゃんのことを褒められた。
褒められた・・・というか、しーちゃんが頑張っている姿から
元気を貰ったり、自分も頑張らないとと思うというような事を、
私に会ったら、一度伝えたかったと。
まぁ、私も親バカな方ではあるけれど、しーちゃんがそんな大層な
ものでもないことはよーくわかっています。
何が有難かったかって、すんごい忙しい先生(副園長職と大学の教授と
ピアニストと合唱の先生をやっている。)が、我々親子のことを
気にかけて、何か言ってあげたいと思って、今度会ったら言おう、
と心に留めておいていてくれたこと。
他にも、しーちゃんの様子を話してくれるママたちとか。
うまく書けないけど、そういう優しさとか慈愛に助けられて、
今日も頑張ってやってます。