読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハロウィンです。
といっても特別なこともなく、ハロウィンっぽいおやつを食べて終了しました。
それでも、チビラたちは充分楽しかったみたい。


今日は、ゆっちは幼稚園で、台風で中止になった遠足の替わりに、
近場の農園に、おいも掘りに、
私としーちゃんは、支援学校の体験学習に行って来ました。


体験も2度目とあって、しーちゃん、かなり慣れた感じ。
今回の朝の会では、ちゃんと手拍子して歌って、ノリノリでした。
自由遊びの時間では、中庭チームと1階の遊び場チームに分かれて、
しーちゃんは、自分で1階を選び、平均台や滑り台でのびのび遊びました。
つなぎの時間では、先生が絵本を読んでくれて、しーちゃんも指を差して、
「まっくろー!」と言ったり、これもノリノリ。
図工の時間では、折り紙で作る飾り作りに参加して、
お手伝いしてもらいながらも、頑張って作りました。
その後は、私はコーディネーターさんと教頭先生とお話、
しーちゃんは、中学部の生徒さんたちのミュージカル劇を観に体育館へ。
後で聞いたところによると、すっごい夢中で観て、みんなで踊る時には、
一緒に楽しく踊っていたらしい。


学級に居たら、周りの真似をしてるだけで、さーっと通り過ぎてしまうことも、
ここだったら、ちゃんと自分で理解して納得して進んでいけそう、と感じました。
なにしろ、とってものびのびしてて楽しそう!
(学級が楽しそうじゃないわけではありませんが、「さらに!」ってこと。)
先生たちが、幼稚園とか療育センターの先生みたいに、生徒のことを
よく見てるな〜と感じました。
あと、話し方や誘導が上手い。
生徒6人に担任2人が、常に確実に居る安心感。
もちろん、当たりはずれは当然あるでしょうが、
学級ほどではなかろう・・・と思う・・・。
もう心は決まっていたのですが、正式に転学を進めていくことにしました。


今は、しーちゃんを7時40分に、ゆっちを8時55分に送り、
ゆっちを14時に、しーちゃんを14時半にお迎えしていたのが、
ゆっちを7時半に、しーちゃんを8時半に送り、
しーちゃんを14時40分頃に迎え、ゆっちは15時頃に勝手に帰ってくる・・・
という生活になる予定。
でも、支援校に行ったら、しーちゃんのデイサービをス増やせる可能性があるので、
もしかしたら、若干、自由な、というか純粋に主婦業に勤しむ時間が持てるかも。
そしたら、一部屋ずつガッツリ掃除したい・・・!!!
もっとちゃんときちんとしたい・・・。(専業主婦らしく!)
と言いつつ、ゆっちが幼稚園に入る時もそんなことを考えてて、
いざ入園したら、むしろ忙しさが倍増したので、油断は禁物だ。