読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

17日は、あーちゃん(withさーちゃん)にユラっちを託して、
シオ丸とコドモ病院の循環器科へ定期検診。
初めて!!!寝た状態で心電図を測れたのです!!!うおー!!!
アンパンマンのDVDを観ながら、じーーーっとしてましたよ・・・。
やっぱり、5歳を過ぎてから落ち着きが・・・。
しかし、せっかく検査がぱぱっと終わったのに、診察は激混みで、
その後の待ち時間は、やっぱりウロウロ徘徊のシオ丸なのであった。
今回は、その心電図の結果用紙を待っている間に、
一人でエレベーターに乗り込む・・・というドッキリを仕掛けてくれました。


で、今回、家族でいろいろ話したんだけど、手術するなら、
最初に受けた都内のS病院で受けたいと、
先生に聞いてみるつもりで臨んだら、先生の方から、
S病院で一度診察を受けてみては、という話で、もう資料も用意してあった。
なので、早速S病院に予約をして、月末に行ってきます。


18日は、朝からチビラと耳鼻科。
前夜にユラっちが「おみみいたい。」と言っていて、
中耳炎再び?と心配していたのだが、なんとも無く、
喉の痛みかな〜と先生が言っていた。


シオ丸を送りつつ、幼稚園のサークル活動。
プレイルームに飾る、「主の祈り」のタペストリー製作。
ひらがなの文字をたくさん切り抜きました。
こうやって、ちょこっとおしゃべりしつつ手先の仕事に没頭するのって、
すっごい癒されるのよね・・・・・・。
「主の祈り」ユラっちが卒園する頃までには、すらすら言えるようになるかも。
この幼稚園に入ってから、日々祈り慣れてきたせいか、
この間の祖父の葬儀で、仏式のあれこれにものすごい違和感があったことに
自分でもビックリしたのだった。


で、お弁当食べてから、午後は、そのまま幼稚園で、
バザー(お菓子コーナー)の打ち合わせ。
今年のメンバーは21人。
で、半数以上が年少さんママ!去年もお菓子だった人は4人!
といわけで、ガラリと雰囲気が違って、これまたビックリ。
そうか、そうか、毎年違うんだ!と実感。
去年は、なんだか、「毎年お菓子で頑張ってきて、今年で最後だから、
完全燃焼するんです!!!」っていうような気迫が最初からあって、
集まったときには、すでにいろんな準備が進んでいて、
その熱いパワーに一生懸命ついて行った・・・という印象だったんだけど、
今年は、みんな一からスタートしましょう!みたいな。
それはそれで、すごい新鮮〜!秋に向けてワクワクだ〜♪
(ちなみに、ユウキくんとユラっちは、実家とイオンに行って遊んできた。)


今日は、幼稚園の「お父さん、お母さんに感謝する会」。
4人で参加。
年中クラスは、プレイルームで輪になって、「ぞうさんクモの巣」っていう、
ぞうさんがお散歩して、楽しいのでお友達を呼んで、くっついて、
クモの巣をお散歩するんだけど、重くて落っこちる〜という遊び。
それを、いろんなパターンで繰り返し遊んだ。
シオ丸は、椅子にはちゃんと座ってたけど、遊びになったら、
オロオロしていて、先生に誘導されて、何とかやっていた。
最終的には、ユウキくんの膝に座っていたけど、まぁ何とか去年よりは。
ユラっちは、もう自分も混ざりたくて、園児の中に入っていくんだけど、
当然相手にされず、と思ったら、先生がとりなしてくれて、
まんまと園児の間に入って、一緒に遊ぶことに成功。
見ていた園長先生に、「一番楽しんでますね!」と言われた。
その後は、歌のプレゼントと、みんなで作ったおせんべい(!)が
振舞われて、無事に終了。
で、今回も、カメラを忘れました。
っていうか、最初っから、「カメラで撮影する余裕がある」ことが
想定されていなかったので、カメラが持ち物として考えられていなかった。
次回のイベントこそは・・・カメラ持参!!!


園に行った時に、シオ丸を見かけることはあるけど、
一人で遊んでることが多い。
シオ丸は、お友達が寄って来ても、両手で押したり、
イヤイヤしたりするし話も通じないから、みんな面倒臭いのだろうな〜。
親の会なんかで話を聞くと、お世話係りじゃないけど、
面倒見のいい子がいて、いっつも一緒にいたりするとか言うけど、
シオ丸の場合は、構ってくる子や、困ってる時に手助けしてくれる子はいるけど、
いつも一緒に遊んでいる友達はいないっぽい。
こういうのを見ると、やっぱりシオ丸は支援級に入れた方が
孤独にならないで済むかもな〜と思う。


今日も、園が終わると、シオ丸はすぐに帰りたがり、
ユラっちは、いつまでもいつまでも遊んでいたがる。
来年以降、これが問題になること必至!
どうやって双方の折り合いをつけたもんかな〜・・・。
兄弟在園ママたちはどうしているんだろう???